生え際の後退を食い止める方法|原因と治療

MENU

生え際の後退を食い止める方法|原因と治療

AGAの治療をするなら専門のクリニック

AGAで悩む男性も、近年増えてきています。抜け毛が増加してしまうのは、加齢による老化によるものだけではありません。精神的なストレスや生活習慣の乱れ、また紫外線などによる頭皮のダメージなどさまざまな原因があるため、比較的若い世代でも薄毛に悩まされています。
予防をするためには、抜け毛が増加するような生活習慣の乱れやストレスなどを改善していくことが大切です。また、紫外線は、肌に対してダメージを与え、シワやシミになることもあります。頭皮にとっても紫外線はダメージになると考えられているので、地肌を直射日光にさらさないように、しっかりと紫外線対策をすることも大切です。特に髪の分かれ目などは、地肌が無防備な状態でさらされているので、日傘や帽子などで防ぐようにしましょう。
AGAは、ゆっくり進行してくるのが特徴です。そのため、初期段階ではあまり気づかないことも多く、抜け毛が増加が続いた場合には、対策をするか、または専門のクリニックに通い治療をしてもらうといいでしょう。専門のクリニックでは、無料のカウンセリングを行っていることもあるので、クリニックを選ぶなら、カウンセリングしているクリニックを選ぶといいでしょう。

薄毛は栄養不足が主な原因です

薄毛には本数は変わらないが毛が細くなるのと、髪が抜けて本数が減るという2種類の状態があります。
自然に抜ける髪の毛の量は1日で50本から100本ぐらいですが、あきらかに本数が多かったら異常ともいえます。
これらの原因として、栄養不足や亜鉛不足などがあげられます。
もちろん複数の原因が重なって薄毛になっている場合も多いです。
例えば栄養不足に加え、肉類や油の摂りすぎも髪の毛に影響を与えてしまいます。
薄毛にならないためには栄養補給が欠かせません。
そして、髪の毛は基本的にタンパク質でできています。
タンパク質を髪に運ぶための糖分、その糖分の働きを助けるビタミン、ミネラルなども必要です。
バランスの良い食事を心がけて髪の毛の健康を保ちましょう。
他の原因として、亜鉛不足というものがあります。
亜鉛は髪の毛を再生させる力があります。
これが不足してしまうと髪の毛が細くなって、抜け毛を起こしやすくなってしまいます。
亜鉛は日本人の食生活では不足しやすいといわれている栄養素です。
意識していないとなかなか摂れない栄養素なので、しっかり摂取しましょう。
この亜鉛が不足して最初に影響を受けるのが髪の毛です。
近頃、髪の薄さが気になる、抜けやすいと感じていたらそれは亜鉛不足が原因です。

 

前髪が少なくなってきた方へ⇒前髪の量を増やす

 

生え際 後退 20代 画像
生え際 後退 食い止め 方法
生え際 後退 20代
生え際 後退 10代
生え際 後退 チェック
生え際 後退 食い止め
生え際 後退 原因
生え際 後退 復活
生え際 後退 20代 女
生え際 後退 食い止め 方法 検索
生え際 後退 髪型
生え際 後退 女性
生え際 後退 治る
生え際 後退 高校生
生え際 後退 止まらない
生え際 後退 止める

生え際 後退 2ch
生え際 後退 20代 女性
女性 生え際 後退 病院
生え際 後退 原因 女性